クレジットカードセキュリティコード(CVV2/CVC2)とは?

A:

クレジットカード、デビットカードの不正利用防止のため、利用されるコード番号のことを指します。

セキュリティコードはクレジットカード毎に異なる番号が割り振られており、
インターネット決済時に会員情報と有効期限と組み合わせて入力し、セキュリティの強化を図ります。

セキュリティコードは、カードのブランドにより表示されている位置が異なります。

VISAカード、MASTERカード、JCBカード、Dinersカード

カード裏面の署名欄、会員番号の右側の3桁の数字がセキュリティコードとなります。

アメリカンエキスプレス(AMEX)カード

カード表面の会員情報の右上の4桁の数字がセキュリティコードとなります。

セキュリティコードは実際にクレジットカードが手元にないと決済ができないため、
近年懸念されているクレジットカードマスター※等による被害を最小限に食い止めることが可能です。

※クレジットカードマスターとは?
クレジットカードマスターとは、このカード番号の規則性を解読してクレジットカード番号を割り出す犯罪です。
クレジット自体が手元になくとも、会員番号と有効期限が分かれば決済ができてしまうため、カード会員が気付かないうちに決済が行われてしまうこともあります。

関連する記事

【問題は解決しましたか?】